活動時間 9:00~15:00  参加会員 20名

 1)牧の台小学校3年生 環境体験学習③
    オリエンテーション
    薪割り体験
    薪炭使用体験
    クヌギ生長調べ
    作品展用材料収集
 2)カシナガトラップ管理
 3)緑台小学校4年里山体験学習準備
    ヒサカキ除伐準備


今回の体験学習実施にあたっては、前日から雨が降り、当日朝も雨が降っていました。
Dimoさん、Fjimさんは昨日の午前中には予定通り実施するかどうかの判断を学校側と協議しました。そして9時以降から雨があがるとの予報に基づいて、プログラムのタイムテーブルを1時間遅らせて実施することとしました。延期の場合では十分な支援をするための人数が確保できず、今回はなんとしても実施しなければ状況となっていました。
強い願いが天に届いたのか、ズバリ予測が的中しました。そして無事に体験学習を実施することができました。

<オリエンテーション>
小学校での事前学習で木と動物の成長の仕方の違い、クヌギの成長の特徴、良い薪とは等を勉強しました。
f0342250_23092404.jpg
<環境体験学習> 貸切バスで、「桜の森」到着、そして「森の教室」へ
f0342250_23120258.jpg
<薪割り体験> 薪は1束11Kgのものを、より長く乾燥させることにより7Kgほどになります。 その重さの違いを体験。
        薪を斧で割るさぎょうです。
f0342250_23175704.jpg
<薪炭使用体験> 羽釜 七輪 火鉢 での薪や炭の使用についての学習です。
f0342250_23292727.jpg

<クヌギ生長調べ> 3年生の自分たち植えた木と6年生、中学3年生、緑の少年団の植えた木との生長を調べました。それぞれ高さと根元の径を測定しました。
          3年生のクヌギです。 1m物差しで十分計れます。     

f0342250_23391789.jpg
        緑の少年団が植えたクヌギです。 12mは超えています。 測定器の位置と木の先端と一致を見るにはちょっと遠くからの確認となります。
f0342250_23451442.jpg

         測定結果の発表です
f0342250_23580614.jpg
f0342250_23492494.jpg
      木工工作用の材料調達です。
f0342250_00002329.jpg


<カシナガトラップ管理>  前回管理日 10月3日
   今回捕獲頭数  5,200頭     累計捕獲頭数  464,600頭

  カシノナガキクイムシの捕獲量も激減してきました。このトラップも通常は10月末迄とのことですが、小林先生のご希望で11月まで延長することとなりました。    





[PR]
参加予定会員 5名

活動中止  (降水確率 70%) 前夜、早朝降雨あり 

[PR]
活動時間 9:00~15:00  参加会員 19名

 1)牧の台小学校4年生 里山体験学習②
   ①オリエンテーション
   ②ヒサカキ除伐
   ③オリエンテーリング
 2)牧の台小学校3年生 環境体験学習③ 実施要領の打合せ

きょうは、牧の台小学校4年生の里山体験学習最終日です。去年は彼らが小学校で育てたクヌギの苗をこの「桜の森」に上に来てくれました。その下草を刈ったり、そしてシイタケ狩りをして、そのシイタケの炭火焼でお弁当をたべました。炭焼きの話、薪作り、薪炭の利用体験など里山について勉強してくれました。
そしてきょうは一大イベントの「桜の森・オリエンテーリング」の開催です。 シイタケ狩りと人気が分かれるところです。

きょうのプログラムはオリエンテーリングとヒサカキの除伐です。はじめてノコギリを使う児童も多く、そしてちょっと危険が伴なうので学校で事前に説明をしました。
何故?ヒサカキを伐るのか、伐る時の注意、オリエンテーリングのポイントなどを、Dimo、Fjimさんの二人が指導しました。
f0342250_20383209.jpg


児童たちは能勢電車に乗り、バスで黒川バス停にやって来ます。そこから「桜の森」まで国道を歩いてきます。途中で我々の班担当リーダーと合流するのです。
合流地点に早目に到着しましたので、しばし路上に生えたセイタカアワダチソウなどの雑草を処理しています。
f0342250_20352678.jpg
合流して一緒に歩いています。児童たちにはまだまだ疲れも見えません。
f0342250_20475315.jpg

<ヒサカキの除伐>
はじめてノコギリを使う子も結構いました。ゆっくりと何人かと交代しながら木を倒しました。もちろん木を倒すことなんて誰もしたことはありません。
この現場は足元が崩れやすいので、事前に整備はしたのですが良い足場の確保がなかなかできません。
f0342250_20545271.jpg
<オリエンテーリング>
スタート地点です。早速問題文を読み、案内板を読み、回答しています。
f0342250_21035301.jpg
<オリエンテーリング> 10番ヒサカキ除伐地です
なんのトラブルもなく進んできたのかな? ゆっくり目の時間なのかな? 
f0342250_21112667.jpg
<オリエンテーリング> 結果集計と豪華賞品です。
f0342250_21143665.jpg
<桜の森ありがとうの合唱>
秋の合唱コンククールに向けて練習をしている課題曲を披露してくれました。変声期前の澄んだきれいな声でした。
これでお別れですが、みなさんの家族の人たちと一緒に是非この「桜の森」に来てください。
f0342250_21233410.jpg

<次回実施される体験学習の実施要領の打合せ>
10月17日 牧の台小学校3年生、10月31日 緑台小学校4年生と続きます。どうか良い天気になることを祈ります。
f0342250_21343577.jpg


[PR]
活動時間 9:30~15:00  参加会員 13名

 1)体験学習実施要領打合せ
 2)カシナガトラップ管理
 3)ヒサカキ除伐地整備
 4)体験学習・薪割り準備
 5)炭切り
 6)公民館ルート草刈

きょうは、3日前の天気予報では降水確率60%だったのが、午前30% 午後20%となったのでフルでの活動が見込めました。
そこで、10月29日(日)に開催される「黒川・里山まつり」にむけて黒川公民館から桜の森へのルートの草刈を組み込みました。この作業は黒川自治会から依頼されたものです。ご他聞にもれず自治会も高齢化となりルートの草刈をするにも人手がないとのことで、われわれの活動日にお手伝いすることとなりました。
天候が回復してきたので、急遽本日の作業に組み込みました。そして無事作業は終了しました。



<体験学習実施要領打合せ>
10月10日、17日と牧の台小学校4年生、3年生とがやって来ます。きょうはその2回分の体験学習実施要領の説明会です。
10月10日 3年生の体験学習につきましては、桜の森でのオリエンテーリングとヒサカキ除伐のプログラムです。参加保護者の数も確定したので、最終の確認をしました。
続いて17日の牧の台小学校3年生の打合せのなかで、クヌギの生長調べのプログラムを実施するにあたり、調べる植樹年次が3年生・6年生・中学3年などの植樹地の所在地及び測定木の選定のため、昼食後巡回することとなりました。
f0342250_21152622.jpg



<カシナガトラップ管理>   前回回収日  9月19日

  今回捕獲頭数  33,800頭    累計捕獲数  459,400頭


f0342250_21202523.jpg


<ヒサカキ除伐地整備>
牧の台小学校4年生が10月10日に、オリエンテーリングとヒサカキ除伐を実施します。一昨日の日曜日にも作業用通路を作ったのですが、今日はその仕上げ作業です。そして切り倒す木に担当する班別の札をつけました。
f0342250_21381905.jpg


<薪割り体験・準備>
10月17日 牧の台小学校3年生のプログラムで 「クヌギの生長調べ」 「薪割り体験」 「薪炭の使用体験」を実施するので、その薪割り体験の準備です。
手前の丸太の上に古タイヤを取り付けているのは、ここで斧を使って薪を割ってもらうのです。その後薪を束ねる作業もやって貰います。
児童たちにとっては、斧で薪を割ること自体がはじめての体験となります。
f0342250_21250435.jpg

<炭切り>
お茶炭の注文が入ってきました。本日出荷分の処理に追われています。
f0342250_21304363.jpg

<本日のトピックス>
2016年10月11日のブログに記載されていた、植樹地に咲いていた 「ヒヨドリバナ」 ですが今年も咲きました。遠くは南西諸島、台湾までも渡りをするという 「アサギマダラ」が好む花です。
先日とあるシンポジウムに参加したときの情報です。絶滅危惧にさらされている 「フジバカマ」(藤袴)を守り増やそうと努力している京都市の方のお話しの中で 「アサギマダラ」が好む花がフジバカマとのことでした。その渡りのルートは 京都~宝塚~淡路島~高知そして遠くは台湾まで渡るとのこと。ぴったりここ川西市黒川地区はそのルートの中なのかそのはずれなのかは分かりませんが。
きょうのクヌギの生長調べで入った植樹地に 「アサギマダラ」 やってきました。誰かが白いタオルを振り回すと近づいてくるとのことでしたが誰も試しませんでした。信用していなかったのでしょうか?

  ヒヨドリバナ
f0342250_22192523.jpg

  アサギマダラ を探せ!
f0342250_22220082.jpg

        






[PR]
活動時間 9:30~15:00  参加会員 9名

 1)三日塾 「植物は知性をもっている」
 2)ヒサカキ除伐地整備
 3)体験学習ルート点検&樹名板追加分選定
 4)炭切り
 5)森の教室道標位置変更
 6)トリトン様薪納入


今日から10月に入りました。よく晴れた一日で、やはり秋かなぁと思われました。そして思わぬ秋の象徴に出会いました。

<三日塾>
9月17日(日)開催予定の三日塾が台風の影響で中止となり、きょう開かれました。
Dimoさんによる 「植物は知性をもっている (20の間隔で思考する生命システム)」読後感です。
この本との出会いは、人の存在は自然界の中ではチッポケなものと悟り、そして人は植物に操られているのではと思い始めていた頃であった。
植物は地球上のあらゆる環境を支配している。(光合成により排出された酸素により動物は生かされている、勿論人間も)
植物は食物連鎖の基盤であり、エネルギーの源であり、文明を支えてきた。
植物は移動できないため、動物とは違う方法で進化してきた。それは、植物が20の感覚(人間の持つ5感に加えて重力・磁場・湿度・化学物質など)を使って生きてきた。エドヒガンでは落ちた実の果肉には発芽阻害物質があり落ちた場所では発芽せず、鳥に食べられて遠くに運ばれる。イロハモミジ・タンポポ・ダンドボロギク他多くは風によって運ばれる。そんな例のほか植物が生長する上で活用される知性など興味深いことがありそうです。
f0342250_22301835.jpg
<ヒサカキ除伐地整備>
来週の10日に牧の台小学校4年生が体験学習でヒサカキの除伐を行います。除伐地は斜面が急であるために足元が心配です。
それで進入路の整備を実施しました。
f0342250_22323755.jpg
<樹名板追加分の選定>
前回の選定作業の他に、群雲桜近く、クヌギ林近く、バイオトイレ近く、国道へのルートなど10数本分を選定しました。
樹名板取り付け用スプリングの長さ選択のため、幹周囲を測定しました。
f0342250_22504689.jpg
<森の教室道標位置変更>
10日に実施する体験学習でこの「桜の森」内でオリエンテーリングを行います。森の教室の道標がチェックポイント&ゴールとなりますので道標が見やすい位置に若干変更しました。
その作業現場にはイガグリがたくさん落ちていましたので、もっぱらクリ拾いに集中していました。
ちょっとうれしい秋の恵です。過去より活動日にクリ拾いができることはなく、いつもイノシシに食べられていたようです。今年はラッキーでした。
そしてきょうの参加のごほうびとさせていただきました。
f0342250_23044373.jpg
f0342250_23081739.jpg
<桜の森に咲く草花>  撮影者 Adacさん 基地小屋・集会場周りで
ツユクサ
f0342250_23120500.jpg
ミズヒキ
f0342250_23121684.jpg





[PR]