活動時間 9:30~15:00  参加会員 14名


 1)1号線側中庭・草刈

 2)5・6年生植樹地ネット際草刈

 3)道具小屋横焚き木置場補修

 4)4号線薪材回収

 5)キセラ川西クヌギ移植案内板設置

 6)カシナガトラップ管理



ここのところカラツユ状態です。明日には待望の雨が降るようです。この雨でクヌギ達も一息つけてくれれば良いのですが。


<1号線側中庭・草刈>

f0342250_20414270.jpg


<5・6年生植樹地ネット際草刈>

f0342250_20464498.jpg


<道具小屋横焚き木置場補修>

f0342250_20495349.jpg


<キセラ川西クヌギ移植案内板設置>

キセラ川西へ寄贈した32本のクヌギについての案内板を川西市が作成して頂けました。炭窯横の植樹地に立てました。
f0342250_20563765.jpg
f0342250_20562566.jpg
<カシナガトラップ管理>
!chiさんからのカシノナガキクイムシの捕獲についての報告です。
捕獲虫の数に関しまして、おおよそ 400匹/グラム当りでの換算で、 83,000匹(6月20日回収分)となりました。 今後もおおいに期待されます。
f0342250_23301834.jpg



(徳林寺裏山報告)

 伐採した菊炭の原木(クヌギ)のひこばえ(萌芽枝)は鹿に2年連続、喰われると、
そのクヌギは死んでしまいます。
対策として、最後の手段になると思いますが、クヌギを鹿がとどかない高い位置で伐採しました。
その結果を調べてきました。150cmの高さで95%、生存です。

f0342250_16591777.jpg
これは130cm。 喰われています。でも、何とか生き延びるかも
f0342250_17001233.jpg
実験することにしました。
台場クヌギのもやかきは発芽4年後くらいで実施しますが、今日やって見ました。
f0342250_17053285.jpg
上がもやかき前の状態、下がもやかき後です。
もやかきしないのと比べてどちらが元気に育つでしょう?・・楽しみです。f0342250_17073698.jpg

















今日は久しぶりに珍しい鳴き声を聞いたので、鳥のことを少し

カラスは別格として、桜の森で私達に最も近い鳥はシジュウカラ。目の前で子育てをします。
ヤマガラも良く囀っています。
「チョットコイ チョットコイ」とうるさいほど大声で鳴くのはキジの仲間のコジュケイ。
姿を見せませんが、炭焼きの頃の早朝、遠くでコゲラが叩くドラムの音には味わいがありますね。
一度だけ姿を見せてくれましたが、スズメほど、こんなに小さくて、よくぞあれだけのと思いました。
f0342250_06461209.jpg

 そして、今日。「来た!」と感激の囀りが聞けました。
 随分近くで鳴いていましたが、姿は見えません。
 写真はネットで拝借しました。
 
 鳴き声が「月・日・星 ホイホイホイ」と聞こえるので
 「三光鳥」:サンコウチョウだそうです。

 私が桜の森で聞くのは2・3年に1回。
 通りすがりか? 
 子育てに来たのであれば嬉しいですね。
 そして、姿も見せてほしい。

 みなさん、囀りが聞こえたら、探して見ませんか。








[PR]
活動時間 9:30~15:00  参加会員 8名


 1)三日塾 (三火塾改め)
 2)植生調査
 3)メインゲート周り・草刈
 4)直登台場クヌギ林・草刈


毎回第三日曜の活動日は三日会と称して、里山整備活動がメインではなくて里山を楽しむ、里山で楽しむことを主としてきました。
今年度から第三火曜日に開かれていた、三火塾を三日会で開くこととしました。

<Fさん記を転載>

三火塾(サンカジュク)を長年続けて頂いた Ksakさんが今年度で退会され三日会でそのあとを引き継ぐことになりました。

今回は Fjimさんがとりあえずの「勉強会」を行いました。

「森の民俗学」というテーマですがこれは「森林インストラクター」講習で勉強した内容です。自然や神にたいする日本人の考え方などですが 「神籬(ヒモロギ)」や「依代(ヨリシロ)」などの言葉を覚えてもらっただけでよかったかも知れません。

勉強会の後 この会を三日塾(サンニチジュク)と銘打って毎月何かしていこうとみんなで決めました。

出された案は・森林セラピー・野外料理の会・フリークライミング・クラフト細工・ロープワーク講習等々・・・

次回7月の三日塾は Fjimさんが「きのこの話」のテーマで勉強会を実施、8月度は Hdaさんが「ロープワーク」講習を行うことに決まりました。

内容が充実してくれば自然と参加者が増えるであろうとの意見が大勢でした。多くの参加を願います。

f0342250_22114193.jpg

<植生調査>

基地集会場前の中庭には植生調査用敷地が確保されています。10m四方をロープで仕切った中を毎年?どのような植物が存在しているのか調査しています。

f0342250_22115037.jpg
f0342250_06405106.jpg

<メインゲート周りの草刈>

f0342250_22121498.jpg

<直登ルート台場クヌギ林・草刈>

f0342250_22123233.jpg



[PR]
活動時間 9:30~15:00  参加会員 15名


 1)カシナガトラップ捕獲対象虫回収
 2)5・6年生植樹地の草刈
 3)基地集会場前中庭・草刈
 4)道具小屋横焚き木置場の屋根修理
 5)4号線薪材・回収


1週間前の6月6日に仕掛けたカシナガトラップ、その成果は? 大いに期待するところです。そんな訳で捕獲されたカシノナガキクイムシの回収作業を優先しました。
毎週回収してその捕獲数を記録していきます。
f0342250_21044498.jpg

捕獲数のカウントにつきましては、100匹当りの重量から推計することとなります。 それにしてもこのトラップの効果は今のところ順調です。
エタノールで誘引されて溺死した虫を茶漉しで回収しています。
f0342250_21050781.jpg

<基地集会場前中庭の草刈> これからしばらくの間は、ただひたすらに草刈作業です。
f0342250_21074069.jpg

<道具小屋横焚き木置場の屋根修理>
Nbesさん、Ymadさんとで、焚き木置場の桧皮葺?の屋根の修理です。柱が腐ったのでグラグラです。Ktafさんが屋根に手を掛けていますが、倒そうとしているのでもなく、支えようとしているのでもありません。意図不明です。
立派なヒノキの柱です。早速 Isikさんからの要望です。2段の構造にして欲しい。乾燥程度によって区分したいようです。
f0342250_21101403.jpg
<5・6年生植樹地草刈>班は持ち場完了後は、<中庭>の草刈の応援に来てくれました。
<4号線薪材回収>も大径木の玉切り及び作業道への引き上げ作業完了しました。次回には薪小屋までの回収となります。



[PR]
活動時間 11:30~12:15 参加会員 3名

 1)出前教室

今回の出前教室の対象は豊中市立桜井谷東小学校5年生(166名)。児童総数1000名以上のマンモス校です。
来週林間学習でハチ高原へ出掛けるにあたり、事前に森とか自然についての学習です。
Dimoさんが講義されました。
5年生ともなると、「光合成」についても勉強したのか十分に理解しているようでした。植物は常に光の取り合いをしている。木の形は光の当たり方で変わることなどを勉強しました。
この学校の児童たちは静かに話を聞き、そして一生懸命にノートを取っていました。我々が接している3年、4年と違って5年生ともなれば落ち着いてくるのでしょうか?
天候に恵まれて、キャンプファイヤーなど楽しい林間学習を体験してきて欲しいと思います。
f0342250_15585749.jpg

f0342250_15590501.jpg

[PR]
活動時間 9:30~15:00  参加会員 19名

 1)カシナガトラップ設置
 2)6年生植樹地・草刈
 3)新2号線枯死木伐倒
 4)4号線・伐倒木回収
 5)牧の台小学校・クヌギ苗引継ぎ式


”カシナガトラップ” 恐るべし仕掛けであります。
一昨日の日曜日に仕掛けた囮の木にカシナガトラップの状況を見に行きました。
容器にあるのは、捕獲されたカシノナガキクイムシです。2日間での成果です。佃煮(イカナゴの釘煮の失敗作?ちりめん山椒?)のように見えます。
これは抜群の効果のようでおおいに期待されます。
f0342250_21531963.jpg
残り5本の囮木にも設置しました。
f0342250_21554309.jpg

きょう仕掛けたカシナガトラップの早速の成果です。もうすでにトラップの最下端に取り付けたエタノール入りのペットボトルの中には誘き寄せられています。
f0342250_21555699.jpg
本日の収穫です。
f0342250_22362635.jpg



6年生から中学生の植樹地の草刈です。
f0342250_21592507.jpg


<クヌギ苗の引継ぎ式 於牧の台小学校校庭>  Fjimさん記

牧の台小学校の4年生から1年生へクヌギの苗の「引継ぎ式」がおこなわれました。この苗は去年の秋に集めた「どんぐり」を今の4年生が3年生のときにポットに植えて校庭で育てたものです。校庭に並んだ4年生から1年生に引継ぎのメッセージがおこなわれたのち4年生が一人ずつの1年生と「クヌギ」の苗を新しい「苗床」に運びました。

f0342250_22484756.jpg
f0342250_22491608.jpg



Dimoさんから「しっかりと世話をしてください」との話に1年生たちは神妙に聞いていました。

この行事がおこなわれ始めてからもう10年にもなります。最初に植えた子供たちは今年もう高校を卒業しました。これからも永く継続していくことを願いたいものです。

f0342250_22494785.jpg



[PR]