活動時間 9:30~15:00  参加会員 17名

 1)薪納品 イタリアン リストランテ トリトン様
 2)コナラ伐倒・玉切り・回収
 3)炭切り
 4)薪作り
 5)炭窯跡手前橋作り


きょうは毎月初めに薪を納品している、イタリアン リストランテ トリトン様への配達が我々の都合で朝一番での納品となりました。
毎月コンスタントに薪を購入して頂いています。このボランティア活動においては、貴重な活動資金となっております。
トリトン様の薪で焼いたパンやピザはとても美味しくて 「ヴォーノ」 です。

薪で大切なことは乾燥である。とのことで、いろいろ段取りを組んで早く乾燥させるように努力しています。もちろん含水計を準備してチェックしております。
十分に乾燥した薪はケムリが出ないので、パンやピザの焼き上がりが良いとのことです。
f0342250_22532692.jpg


バイオトイレ近くのナラ枯れ被害木コナラの伐倒作業です。
枯死木が倒れてバイオトイレを潰すことのないように、木を切ります。
f0342250_22535022.jpg
倒す方向を決めて、その方向へチルホールを使って引っ張ります。
f0342250_22535555.jpg

倒れる大きな音がしました。  お見事!!  狙い通りかはたまた偶然なのか?  バイオトイレの説明版と国道への標識とを見事に避けました。
f0342250_22540452.jpg

この時期はお茶炭(菊炭)の注文が多く頂けます。 お蔭様でこの炭の売り上げも我々への大きな活動費です。 茶道家の諸先生、ありがとうございます。
炭切り作業で追われています。
f0342250_22541988.jpg

番外作業1
西北谷の排水改良工事により、1号線にある炭窯跡前が排水溝によって、分断されてしまいました。急遽丸太橋を架けることなりました。
今日はその橋の土台つくりです。次回の活動日には完成させる予定で、ガンバッテいます。
f0342250_22542932.jpg
番外作業2
一昨日の基地小屋の屋根を掃除したので、ちょっと山側から見たら道具小屋の屋根が枯れ葉が溜まって見苦しいとのこと。
早速屋根にあがっての掃除です。屋根の端のほうでは枯れ葉から腐葉土らしき物になったようです。ひょっとしたらドングリからクヌギが育つのでは?
f0342250_22543812.jpg

[PR]
活動時間 9:30~15:00  参加会員 11名 客4名

 1)西北谷整備打合せ
 2)新作業道・根切り
 3)基地小屋・煙突そうじ、屋根そうじ 
 4)炭切り
 5)クヌギ林調査


もう早くも師走となりました。桜の森は枯葉が舞い降り足元注意の意識が必要となってきました。そんな中、会員の家族で小学生の元気な子達がやってきました。
早速会員と一緒に、新作業道の整備を手伝ってくれています。


f0342250_21324494.jpg



そろそろ基地小屋の薪ストーブが恋しくなる頃です。ストーブの煙突の掃除では、バケツいっぱいのススがとれました。今日来ている子達は「サンタクロースは煙突からやってくる」と信じているのかなぁ? 基地小屋の脇の木もすっかり葉が落ちましたので、屋根の落ち葉を払いました。
f0342250_21430967.jpg


今日のお昼には、朝一番に採れたナメコ、シイタケをお味噌汁の具として、森の恵みを頂きました。
f0342250_21494385.jpg


なかでもビックリなのは、このオバケシイタケ、いままで見た中では最大級でした。子供たちもビックリ!! 炭火で焼いてみんなで頂きました。しっかりシイタケの味がしていました。
f0342250_21495315.jpg
f0342250_21500183.jpg
このシイタケ、ちょっとした自然の中で人知れず育ってきたのですね。
それと比べれば我々年金族はいかにシイタケられていることやら。



炭焼きの材料に適したクヌギ林の調査に出かけました。一面のクヌギ林を分け入ると3本ほどの柿の木が植えてありました。(柿の木と分かったのは実が生っていたからです)
これは山主さんの境界の目印、サイメ(境目)です。

f0342250_22105737.jpg

炭切り作業
お茶炭用として出荷される菊炭です。まさしく菊の花のようです。菊炭だけを撮りたかったのですが、
”手タレ”なんておだてたら、このお二方なかなか手を離してくれません。残念!!
f0342250_22111036.jpg




[PR]
活動時間 9:30~15:00  参加会員 16名

 1)炭出し
 2)クヌギ山・防鹿ネット補修 & クヌギ坂ロープ支柱交換
 3)新道開設時の伐倒木の回収
 4)炭切り
 5)薪小屋整理
 6)新作業道・根切り及び整備


今年3月最終窯(第6回目)で焼いた炭は春・秋に行われた小学生の体験学習の1コマとして、子供たちで窯から炭を出してもらいました。
しかしながら、完全に出しきれなくて残っていました。今回は某BBQセンターで使うために大量の注文をいただいたうちの最後の納品のために炭出しを実施しました。
炭出し作業では、窯のなかは炭の粉が舞うため、マスク2枚重ねてもなかなか防ぎきれません。
f0342250_22475031.jpg
新道開設時の伐倒木回収作業です。 新作業道は仮呼称として、4号線バイパス、新2号線、みよしルートと称しています。新らしい名称を募集していますが、どうもこれらの上を行く良い名が見当たりません。
f0342250_13213983.jpg
伐倒木の処理をしているルートが4号線バイパスです。
f0342250_23050989.jpg

4号線バイパスでは、早速運搬車が進入して処理された木を下に下ろします。この辺りはヒサカキ除伐地でもあり、来年の小学生たちの体験学習で木を切ってもらう予定となっています。それとナラ枯れ被害木も多いのでその処理と運搬がはかどること、間違いありません。
f0342250_23082152.jpg
傾斜のきつい みよしルートを歩いていましたら、もうすでに鹿と思われる足跡がありました。早速新しい道を試しているのですね。歩く人間は傾斜がきつくてシンドイなぁ。ところが鹿の気持ちになれば、歩き易くなったなぁとおもうのでしょうか?
f0342250_23334673.jpg
こちらは、1号線です。大雨のとき西北の谷からは土石が流れ込んで地面を荒します。そのため今回は小型パワーショベルで溝を掘り、塩ビ管を埋め込んだりしました。今までと比べると効果がありそうです。
f0342250_23452786.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     11月活動日数  8日        参加会員数   120名
   年間通算活動日数  52日     年間通算参加会員数  818名



<2016年11月活動予定日> 活動時間 9:30~15:00
    1日(火) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇
    6日(日) 
黒川・里山まつり  会員は極力参加のこと
          〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇o 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇○△
    8日(火) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇客客客
   11日(金) 
里山国際セミナー黒川地区エキスカ-ション 11時集合 
           〇〇〇 〇〇〇 〇
   15日(火) 三火塾
           〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇学 学
   20日
(日) 三日会  甲南大学(8)
           〇〇〇 〇〇△ 学客
   22日(火) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇
   29日(火) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
活動時間 9:30~15:00   参加会員 22名

 1)枯死クヌギ整理・作業道延伸立ち木伐採
 2)新型薪割機納品・作動研修
 3)刈払い機研修
 4)チェーンソー研修
 5)炭切り


桜の森では、北西の谷1号線ルートの雨水排水溝工事や2号線から長老経由の新作業道を開いています。Myosさん操作の小型パワーショベルが威力を発揮しています。
途中で邪魔になる木の伐倒作業、片付け作業にはUesさん、Knoさん共にガンバッテいます。
f0342250_21530256.jpg

今年度の県助成金で新型薪割り機を購入することが可能となりました。 きょうはその納入と操作指導のためにA社B社長がやってこられました。
この薪割り機の能力は、直径45Cm 長さ107Cm の丸太を割ることができます。今ここ黒川地区ではナラ枯れ被害が多く発生しています。そんな被害木を今年から
薪だけではなく、炭に焼くこともできるようにとの計画に基づいています。
薪小屋に設置後、早速長さ90Cmを割る試運転を行いました。 今まで使用してきた機種よりもパワーがあるようです。

f0342250_21531908.jpg
薪割り機の指導のあとは、刈払い機の操作指導と整備作業指導です。地面とメインシャフトの角度は5~10° になるようにハンドルを調整する。(各会員の専用機という訳にはいかないのが問題です)傾斜地での草刈作業は等高線に沿って、左足を重心として右足を半歩前とする。そして前進は左足を右足に寄せてから右足を半歩前にの繰り返しです。斜面に対して上方とか下方への刈払いはしないように。
f0342250_21533079.jpg
刈刃のキックバック発生の注意点を確認。立ち木を切る場合には刈刃の中心から左へ30°の位置でとのこと。試しに切ってもらったのが下の写真です。30°の位置でそのまま切り進みました。見学者一同感嘆の声をあげました。まさに神業のごとくでした。我々は草と同じように振り回すようにしていたのが全くの誤りでした。
f0342250_21534320.jpg
チェーンソー取り扱い者へは、刃の目立ての仕方をご指導いただきました。
f0342250_21552858.jpg
今回の刈払い機、チェーンソーの取り扱い、整備方法の研修では、初めて知ることもありとても勉強になりました。
B社長、ありがとうございました。

 北西の谷の水害対策に加えて、ナラ枯れで枯死した大木の伐採・搬出作業道の整備を進めています。
私達が15時で引上げた後も、Myosさんは頑張り、仕上げてくれました。
 名前が無いと不便なので仮の名を付けて説明します。2号線を長老の山側で伸ばし、ナラ枯れの大木の多い所へ行けるようにしました。これを仮に「新・2号線」とします。
3号線の真ん中辺りから4号線に平行し、ヒサカキ密生地を抜けるルートを「4号バイパス」としました。
そして、「新・2号線」から上に上がり、「4号バイパス」を経て「4号線」に繋がるルートを今回の大作業遂行に敬意を表し「みよしルート」と仮称してみました。正式名を皆さんで決めてください。
f0342250_13213983.jpg
新作業道は拓いたばかりで、沢山出ている木の根を切るなど、細かな整備が必要です。また、桜の森のパンフレットの地図にはなく、ハイカーが迷う恐れがあるので、「新・2号線」と「4号バイパス」の入り口、4号線からバイパスへの降り口に「立入禁止」の標識を立ててきました。(23日)
f0342250_13522295.jpg

[PR]
活動時間 9:30~15:00  参加会員5名 準会員1名 来客及び学生10名 総計16名

 1)里山講座(甲南大学Nゼミ他 フィールドワーク)


きょうは、毎年この時期にフィールドワークでこの桜の森を訪れてくれる甲南大学Nゼミの皆さん、
それと卒論テーマとしての研究をされている方、そしてなんと我々がいつもお世話になっているN事務局長が超OBとのことで、今日は特別に後輩の活動を応援しにいらっしゃいました。

国道から活動基地へのルートです。Nゼミの皆さんのが下ってきます。この道は雨によって土が流され石がむき出しになっていて、歩きにくかったのですが Myosさんが小型パワーショベルで整地してくれました。
f0342250_23375708.jpg

さて、 Dimoさんの講義です。里山とは? 人と自然の共生について。エドヒガンについて等々。そして桜の開花については11月の気温が低いときには開花が早くなる傾向にある。これは夏に花芽ができて休眠状態となり、秋から冬にかけて低温にさらされると開花の準備を始める。そして春に気温が上がれば開花するとのこと。来年の開花が早いかどうかの開花予想はありませんでした。(大胆にも早いと言ったつもり){開花予想は筆者の聞き漏らしのようでした}
f0342250_23381153.jpg

活動基地にはシイタケとナメコを稙菌して育てて(そのまま置いている?)います。お昼には恒例の薪窯手作りピザのトッピングにするためキノコ狩りをしました。
初めて体験する人が多くて、手の感触が良いとの歓声でした。ここでも勉強です。シイタケはクヌギの木が好きなようで、コナラに稙菌するよりも肉厚で味のよいものに育つ。ナメコは桜の木に稙菌する。
ナメコとナメタケの違いは? 「同じもの」との発言がありました。私はエノキダケを煮て瓶詰めにしたものをナメタケと称していることもあり、混乱しております。
地方によって呼び方が違うのかよくわかりませんが、最初に大きな声で言った者の勝ち?・・・日本初の! 日本一の!    ( ナメタケというキノコはありません。)
f0342250_23381962.jpg
f0342250_23383508.jpg

天下無双の手作りピザ
Adac料理長による手作りピザ、Sjiさん創作のわらじピザ、ちょっと横に長いので窯焼き職人 Medさんからクレームあり。両端が先に焦げてしまう!!
しかしすでに数枚分延ばし作業完了。
f0342250_23393274.jpg

    
学生さんたちも、皆でワイワイ言いながらトッピングに精を出し、たのしんで食べてくれました。
満腹のあと講義の続きを受け、そして桜の森の見学へと続きました。

すっかり落葉した微笑み桜  黄葉のクヌギ植樹地  秋も深まってきました。
f0342250_00535065.jpg


[PR]