活動時間 9:30~14:00  参加会員 12名

 1)炭焼き(クドサシ)
 2)ひらたけの植菌


今朝の降水確率は80% 会の内規としては、活動は休止です。しかしながら炭焼作業においては雨天・荒天にかかわらず実施となります。
雨の合間を縫って、軽作業でもできれば良いかなと思っておりました。
それにつけても何より、三火塾が中止となりました。三火塾開催日は参加会員もとても楽しみにしておりました。
ここで、会員の皆さんへは大変残念なお知らせとなるのですが、塾長の Ksakさんと Mtsubさんがこの3月末で退会されます。菊炭友の会創立当初よりこの会発展のために御尽力いただきましたことに感謝申し上げます。

<炭焼作業>
昨日調整石A入れたままの状態で、一夜明けた今朝9:20での温度は 386℃ と大変温度が上がっていました。すぐに調整石B,Cを入れました。
その後経過を見ているときに、レンガの向こう側が赤いことに気が付き、中の木が燃えているのだろうか?との疑問が出ましたが、結論は仕切りに使っているトタンが熱で赤くなっているのでした。
f0342250_21440897.jpg
13:00 385℃ マッチの発火 6秒 クドサシ開始
13:15 クドサシ終了
f0342250_21441768.jpg
煙道口を塞ぐ作業
f0342250_21442146.jpg
<ひらたけの植菌作業>
19日に伐倒したエノキに”ひらたけ”の菌を植えました。2年後には味噌汁の具に供されます。
f0342250_21442964.jpg


[PR]
活動時間 9:30~15:00 参加会員 3名

 1)炭焼き
 2)群雲桜案内板設置


炭窯の調子は上々と言ったところです。
9:55 175℃ で調整石Aを入れました。 このままこのペースですすんでくれればきょうは15:00ごろに調整石Bを入れて終わりかな?とおもったのでした。
ところが途中での温度測定では、40,50℃温度が下がったりしだしたので、温度計が不具合を起こしているのでは?との疑いで今まで使っていた温度計のセンサーがおかしくなっているようでした。そこで新しい温度計センサーを使用したのですが大きな差はなかったのです。(朝の175℃は正しかったのか?)
とにかく温度が上がるのを待つのみです。
f0342250_22053134.jpg

f0342250_22313449.jpg
15:00 に 185℃ となり今後の方針を検討しました。
①今調整石Bを入れるのか ②このままの状態で明日の朝まで引っ張るのか 
われわれが選択したのは、明日のクドサシの終了時間が気になるので②を選択して明朝の温度で判断すこととしました。

[PR]
活動時間 8:00~15:00 炭焼担当 16:00 参加会員数 13名

 1)第七窯目炭焼き
 2)エノキ伐倒作業・玉切り回収
 3)窯前整理


第七窯目の炭焼きです。窯の調子も絶好調です。 炭出し、木入れ作業のあとは、Dimさん10年来伐採しようかどうしようか、と悩んでいた ”微笑み桜” 脇のエノキの伐倒です。このエノキは”微笑み桜”の枝への日当りの邪魔をしているのでした。緑の少年団のツリークライムにも使用していたのですが、とうとう踏ん切りをつけられました。
f0342250_22474707.jpg
f0342250_22475230.jpg

このエノキの大きな切り株は”微笑み桜”を眺めるイスになるように、Nkamさんがきれいに仕上げをしています。試しに座ってみましたが、ちょうど桜を下から見上げる絶好の位置となっています。
f0342250_22475856.jpg

つい先日に新規入会された Ksakさん、微笑み桜の周辺にあった ”ガマズミ” の枯れ枝を高切り鋸で処理をしています。
f0342250_23044575.jpg

S君、炭窯前に積んである炭材のコナラ(ナラ枯れ被害木)をルーペで観察です。カシノナガキクイムシの幼虫を探しています。
f0342250_22480505.jpg

<炭焼き>
15:00 91℃ 面ヌリ開始
15:15 83℃ 面ヌリ終了
15:20 103℃

毎年の計画では炭焼きは6回なのですが、今年はナラ枯れ枯死木処理のため途中で1回増やし今回の第七窯で終了の予定でした。
ところが炭材が多く集まったので、急遽もう一回追加の炭焼きをすることとなりました。
来週の26日(日)から28日(火)まで実施します。 参加者を募ります。

[PR]
活動時間 9:30~15:00  参加会員 19名

 1)炭焼き
 2)クヌギ伐採
 3)薪つくり・刃物砥ぎ
 4)直登ルート道普請
 5)シイタケ植菌


第6窯目の温度の上がりはとても早かったので、調整石を使って調整したのですが 10:00 クドサシ開始となりました。これはひょっとして過去最短記録では?と思われるほどでした。10:30にはクドサシ完了しました。
f0342250_21384208.jpg

Ktabさん 只今直登ルートの道普請中です。ジグザグで上り下りをとの計画です。大石、小石を使って土の流出を少なくしようとの思いです。
今度は「グリ石」が必要と言われました。先日のように運搬車を使用しての石集めとなります。
f0342250_21385977.jpg


Mtsuさんの参加のときには、道具の整備をお願いしています。今回は鎌の刃研ぎをお願いしています。この会にはこんなものまであるのか?と思われる道具が揃っています。これもその中のひとつで、電動研磨機です。道具は揃っていても、使いこなせる人が揃っていません。Mtsuさん貴重なお方です。
次回参加のときは、新薪割り機と新運搬車のオイル交換をお願いしなくてはと思います。
f0342250_21384986.jpg

昨日はナメコの植菌でしたが、きょうはシイタケの植菌です。シイタケのホダ木はクヌギです。我々のクヌギ林から調達です。
f0342250_21390996.jpg

早速、シイタケを植菌していきます。 桜の森ではお昼の味噌汁に入れたりして、ゼイタクな味噌汁を飲んでいます。いつも素敵な恵みを頂いています。ご馳走様です。
f0342250_21391373.jpg
<番外編> Fjimさんから送られてきたこの写真、何でしょうか? クヌギ伐採地の少し山側にありました。
f0342250_22453895.jpg


これは ぬたば(沼田場)です。猪や鹿が体についたダニなどの寄生虫を取るために、泥をかぶる場所です。
猪では聞いたことないですが、鹿が傷を治しに来ていたら温泉が見つかるのですが・・・鹿教湯? 黒川温泉? 何処か聞いたことありますね。

[PR]
活動時間 9:30~15:00  参加会員 6名 お客様 1名

 1)炭焼き
 2)なめこ植菌


本日の炭焼きは、昨日の 16:45 での煙道口温度 93℃ であったのが今朝 09:45 での測定は 102℃ なのでビックリです。17時間で 9℃しか上がっていない?
Dimさん「風の影響か? 衝立を立ててみよう」 ズバリ的中でした。ブロックを立てたとたんにグングンと上昇、一気に 152℃ へ
f0342250_18065101.jpg
10:00 168℃ 調整石Aを使用
f0342250_18065697.jpg
12:35 210℃ 調整石Bを使用  じっくり時間を掛けて焼こうと言うことで

f0342250_18073043.jpg

13:30 228℃ 調整石Cを使用
15:00 313℃ 急遽調整石Dを作って使用  
f0342250_18074232.jpg

炭窯の温度が上がるまでの間、”なめこ” の植菌をしました。 ”なめこ” がよく育つ木はサクラです。 中央は ”ウワミズザクラ” 他は ”ヤマザクラ” です。
明日には ”シイタケ” を植菌しようと思います。そのホダ木は ”クヌギ” となります。収穫は来年の秋となります。やはり ”原木シイタケ” は味が違います。
今も昼食には時々なめこ、シイタケの味噌汁を飲んでいます。
f0342250_23374405.jpg

本日のお客様は、川西市役所広報の方です。Dimさんへの取材です。この方はこの会を立ち上げて1、2年の頃に一度こられたとのことでした。もちろん当時との差を歴然と感じられたことでしょう。
そんななか、炭材(クヌギ)の重量を測ってみようとなりました。  正解は 4.75Kg でした。
f0342250_18075237.jpg

[PR]