活動時間 10:00~12:00    参加会員 2名

 1)トークイベント
 2)台場クヌギ搬出

 2年前から準備が進められていた、黒川から川西市の再開発地【キセラ川西】へのエドヒガンとクヌギの移植プロジェクト、いよいよ植え付け段階に入りました。
 桜の森からの実生クヌギ31本は既に中央公園のせせらぎ遊歩道沿いに移植されていますが、今日は台場クヌギが搬出されました。搬出に先立ち、10時から1時間、プロジェクトの監修者:西畠清順さんと黒川自治会長、キセラ川西整備部長の3名によるトークイベントが実施されました。3人3様の想いが語られ、市民からの質問も活発にありました。
 私からは嫁に出す娘二人は、共に日光と水気の両方がないと、生きて行けない体質であること、冬には枯葉をどっさり落とすので、近所の嫌われ者にならないか心配していると話しました。
f0342250_20251258.jpg
  重さ2.5トンの台場クヌギがクレーンでトラックに積み込まれます。
f0342250_20254191.jpg
  見学者の中には保育園の児童たちもいました。
f0342250_2042580.jpg
  中央公園は2ヘクタールとのこと。桜の森の第1期整備のノルマになった広さですね。

[PR]
活動時間 9:30~15:00    参加会員 17名

 1)新薪割り機での炭材大割
 2)新2号線コナラ伐倒・運搬
 3)炭窯補修用の粘土採取地調査
 4)薪作り

今年最初の活動です。一昨日の山開き式では山の神様に作業の安全、桜の森への来訪者の安全を祈願しました。
いよいよ炭焼きシーズン突入です。
コナラ、クヌギの伐倒作業が続くので、安全な作業手順の確認、動力機器の操作時における安全確認などに気を配り安全第一で処したいと思っています。

さて、コナラの大口径炭材をも大割りにできるように、昨年新型薪割り機を購入しました。
きょうはその初仕事です。今日まで狭い薪小屋で保管していましたが、炭窯前での作業となります。この薪割り機の性能は最大径45cm、最大長さ107cm、破砕力11t。
我々の炭材の寸法では十分過ぎる能力です。ナラ枯れ被害木の処理に大いに役立ってくれるでしょう。
f0342250_22073792.jpg

新・2号線(長老桜の上)ではコナラの伐倒作業行われました。昨年末に伐採したのですが、架かり木となり年明けでの処理です。ロープで引っ張ったりして処理しました。そして本日はこの処理の他に、3本伐採しました。
その後の運搬では、90cmにカットされた丸太を運搬車に載せるのがまた一苦労。炭材集積場での荷下ろし作業でもまたまた一苦労でした。
昨年にこの新・2号線(作業道)が完成したので運搬も楽になりました。しかしながら、12月23日の山納めから2週間ほど空いての力仕事。間違いなく筋肉痛が出てくるでしょう。明日あたり?明後日あたり?もっと先ですか?
f0342250_22234962.jpg

今年は炭窯の床の敷き換えと天井の補修をしなければなりません。
良質な粘土の採取場所調査です。桜の森内とか、その近辺とかまでサンプル採取をしました。
Ichimさん曰く、”今年度の粘土を探せ”  ザブトン1枚です!!
我々が求めているのは、砂が少ないないものを探しているのですが。はたして良いのが見つかったのでしょうか?
f0342250_22365779.jpg

薪小屋です。この小型の薪割り機も頑張って活躍しています。今まで新型薪割り機と同居していたので、かなりのスペースを占領されていました。薪材の割り作業、薪の束ね作業をするには、ちょっと狭かったのでした。これでちょっとは作業がしやすくなったのでしょうか?
f0342250_22370544.jpg

[PR]
活動時間 11:00~13:00  参加会員 31名 来客 2名

 1)山開き式
 2)懇親会


本日は平成29年山開き式と新年懇親会が開かれました。
神事の前の記念撮影です。
f0342250_21274037.jpg

山の神様へのお供えです。黒川自治会の役員より、名酒をお供えして頂きました。
そして、参加者一同で山の神様へ、昨年1年間無事に過ごせたことに感謝し、今年1年間の作業と来客者への安全を祈願しました。
f0342250_21274816.jpg

新年懇親会では、鮎つり名人の Htanさんから大きな鮎を差し入れていただきました。もちろん炭火焼きで食しました。
会員の Ymad.K さんからは鹿肉の差し入れと、どちらも美味でうまく表現できず、ただ「うまい!!」と言うのみでした。
f0342250_21275835.jpg

今年の懇親会でも、ビール、酒を大量に消費しました。みなさん元気に飲み、且つ食し健啖ぶりを発揮しました。
さぁ~、今年一年もがんばるぞ!!  いよいよ炭焼きシーズンがやって来ます。 炭焼きに向ってがんばるぞ!!
f0342250_21280629.jpg
     


[PR]
活動時間 6:30~13:00   参加会員 13名

1)迎春準備
2)山納め神事

早いもので、きょうは今年最後の活動日となりました。
ここ”桜の森”においては毎年メインゲートには門松を、山の神様祭壇、基地小屋、薪小屋、炭窯にはしめ縄、松飾など飾ります。
それと基地小屋と道具小屋の整理整頓などを行いました。

道具小屋の整理整頓  これから小屋の中の道具を全部だして、小屋の中をきれいに清掃します。長年にわたって揃えられた道具が増えてきたので、今年度には道具小屋の隣に増設する計画があります。すでに整地作業は完了しているので急がなければと思います。
f0342250_11404535.jpg

メインゲート入り口に飾る門松の作成です。材料の竹は近くの竹林から(竹林の持ち主さんのご好意です)、松は国道法面から、南天は基地小屋横に自生(ひょっとして門松用に植えられたのか?)とすべて地元産で作ります。
f0342250_11410677.jpg
竹3本を荒縄で巻き上げるのですが、竹の節の影響で向きが変わったりして一苦労です。荒縄の巻き方も伝承できるようにと真剣に取り組んでいます。
なんせ一年に一度の作業なのでマスターできるのか不安です。

f0342250_11411134.jpg
でも何とか形には出来上がりました。 メインゲート前です。
f0342250_11412750.jpg
桜の森にある、山の神様の祭壇にも青竹に松を飾って祀ります。何故か飾った状態の写真を撮っていません。山納めの神事の準備に気を取られてしまいました。
前日には大雨が降ったので、この祭壇には山からの水が流れてきます。清らかさが感じられまるで御神水のようです。
参加者全員でこの1年の活動が無事終了できたことを感謝をし、そして神のご加護でもって来年も無事に活動できるように祈りました。
f0342250_11411908.jpg

そして本日夕刻には、川西市某所での忘年会が開催されました。我々の活動地の山主さんは黒川自治会の皆様です。その自治会長さんも参加して頂き、皆さん共々楽しく歓談することができました。特筆は Ichimさん出題のクイズとその賞品。クイズに正解しても賞品はないと思っていたところ、今日の基地小屋の大掃除での掘り出し物が賞品とのこと。これにはビックリでした。まさに宴会部長の誕生です。
この忘年会の写真はアップロードできません。理由はどの写真も全体が赤く写っていましたので。


この1年間、会員の皆さんやこのブログを読んでいただいた皆様、誠にありがとうございました。引き続き来年もどうぞよろしくお願いします。
皆様、どうぞ良い年をお迎えください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    12月活動日数   6日      参加会員数  71名
  年間通産活動日数  58日  年間通産参加会員数 889名 


<2016年12月活動予定日> 活動時間 9:30~15:00
    4日(日) 〇〇〇 〇〇o 〇〇〇 〇〇 客4名
    6日(火) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇
    13日(火) 雨天中止 〇〇〇 〇〇〇
    18日
(日) 三日会(炭切)
          〇〇〇 〇〇
    20日(火) 北摂里山サポーターズクラブ25名(三角点から)
         〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇客
   23日(金) 山納め・忘年会
         〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
活動時間 9:30~15:00 参加会員 19名

 1)クヌギ伐倒・新2号線
 2)炭窯前整理
 3)炭きり
 4)門松用竹材調達
 5)イタリアン リストランテ トリトン様 薪納品
 6)北摂里山サポーターズクラブ来訪


新・2号線脇にあるクヌギのナラ枯れ被害木を伐倒します。この木は幹周りも大きくなっていましたが、残念ながらナラ枯れの被害に合ってしまいました。
Nbesさん、Ynehさんとでどの方向に倒すのか、その手順は?などの相談でしょうか?  そして追い口切り作業です。
f0342250_22105864.jpg

今回の作業は、伐倒後の処理作業を考慮して、作業道方向へ倒します。 ところが今回は太い枝が張っており、それが架かり木となってしまいました。これには久方ぶりに難渋しました。
f0342250_22110545.jpg
何とか玉切りまで処理ができました。
f0342250_22284524.jpg
伐倒したクヌギの切り株です。撮影者の Fjimさん一言「私と同じ年です。感慨深いものがありました。」とのことでした。年輪だけでなく幹周り寸法の報告はありませんでした。現在のボランティア活動の現状の一端を表しているようです。
f0342250_22285117.jpg

本日のお客様は ”北摂里山サポーターズクラブ”のご一行様です。妙見口→大堂越え→野間のおおけやき→ありなしの道→三角点→桜の森→妙見口へのコースです。
群雲桜入り口で出会い、4号線、花回廊、微笑み桜、台場くぬぎ、薪小屋、炭窯、基地集会場へとご案内しました。
f0342250_22401473.jpg
そして、基地集会場での Dimさんの里山講座、このイベント一番の人気である、菊炭で焼いたモチのぜんざい。疲れた体に最高の疲労回復剤です。
f0342250_22403417.jpg

いよいよ今年の活動も、12月23日(金)が山納めとなります。毎年年末が近づいてくると ”1年の短さ” が感じられるのです。
桜の森入り口に飾られる、門松製作用の竹です。  そして、12月18日(日)に炭窯と炭小屋との間にトタン屋根の工事が始まりましたが、本日完成しました。
f0342250_23031461.jpg

桜の森に生息する鳥
撮影者の Fjim さんからは鳥の名は届いていません。  猛禽類のような風格を感じませんか?
f0342250_23235155.jpg
巣作りでも始めたのでしょうか?  この会にはいろいろな知識をお持ちの方がいらっしゃいます。鳥博士はどなたですか?
これは小鳥でしょう?だったら・・コゲラでは・・炭焼時期の朝、ドラミングを聞かせてくれます。(D)
f0342250_23242125.jpg


[PR]