2018年12.18(火) 定例活動 (桜の森800)

活動時間 9:30~15:00 参加会員 18名

 1)2号線角・倒木処理
 2)中庭・エドヒガン倒木処理
 3)窯前・炭材整理
 4)窯前・炭材割り
 5)炭出荷準備
 6)門松用竹取り

今年の活動も今日と来週の2回となりました。7月の豪雨・連続台風通過による倒木被害と大変な年となりました。しかし倒れた木は有り難く炭や薪にして活用します。
そんななかで一番精神的なダメージを受けた中庭のエドヒガン、きょうからその倒木処理に掛かります。

<2号線角・倒木処理>
5本一組で倒されたエノキ・クマノミズキの処理です。根が崩れてこないように慎重に玉切りをしています。玉切り作業も今日のところで一時休止。

f0342250_21341967.jpg
<中庭・エドヒガン倒木処理>
大径木のエドヒガンです。これの処理に何日掛かるのやらととの思いです。
この写真ちょっと見ではパノラマ写真のようですが、違います。先端部と根元部の大枝の切断チェーンソー作業です。
f0342250_21415405.jpg
ベテラン会員 Ynehさんです。年明けには目の治療をするので炭焼きにはあまり参加できないとのこと、戦力的には痛いです。
f0342250_21453440.jpg
玉切り作業も今日一日でほとんど終了です。あと残りはわずか、来週には完了する予定です。玉切り作業も大変ですが、炭材、薪材の回収運搬、上げ木作りとまだまだ大変な作業が続きます。
f0342250_21530597.jpg
<窯前・炭材整理>
いよいよ1月27日から炭焼きが始まります。それに向けて窯前の炭材整理です。
f0342250_22040007.jpg
炭材保管場所で荷崩れ防止用柵とするために、単管を組んでいます。
f0342250_22063479.jpg

<窯前・炭材割り>
径の大きな材は、大型薪割機で小割りにして炭窯に投入します。
f0342250_22090500.jpg
<炭出荷準備>
ことし最後の炭出荷準備です。
f0342250_22112457.jpg
<門松用竹取り>
今年も桜の森入口には門松を飾ります。I様所有の竹林で孟宗竹を切らせていただいています。門松の作り方も一年に一度のため、すぐ忘れてしまいます。
また過去の写真を引っ張り出して、こっそり勉強です。


<桜の森に自生するヒラタケ>  Hdaさん撮影
台風で倒れた中庭エドヒガン、入山初期には5本の大径木エノキに囲まれて苦しめられていたので、それらエノキを伐採しました。
その切り株から育ったのが写真のヒラタケです。よく似た毒キノコはツキヨタケとのことです。昼食時の味噌汁の具や持ち帰りとなりました。
毒キノコの場合には3時間以内にシビレがでるとのこと。午後の作業終了時に異常はなく、また持ち帰った人からも連絡がなかったので ヒラタケ でした。
そんな点が気になり、ブログ掲載に時間差を設けた訳ではありません。 (単純な掲載漏れです)
f0342250_06171257.jpg


by kikuzumi3 | 2018-12-18 17:38 | Comments(0)