人気ブログランキング |
活動時間 9:30~15:00 参加者9名
 1、炭焼き窯予熱火入れ(桜の森)
 2、上木作り、運搬(徳林寺裏)
 
 いよいよ明日から炭焼きです。 まずは一年間休んでいた炭窯を目覚めさせるために
クズ炭、上げ木などに火を点けて炭窯を予熱します。会員8名、体験生1名、合わせて9名での活動です。
f0342250_20154375.jpg
   乾ききっていない床を保護する目的も含め、先ず段ボールを敷き、次に、窯底に杉枯葉を敷き詰め
  クズ炭、昨年の上げ木、大口径炭などを重ねます。
f0342250_20172774.jpg
f0342250_20244921.jpg 今日入れたもの


←クズ炭 4袋(44kg)  

  大口径炭 27kg 
  上げ木 22束 
f0342250_20374099.jpg 


炭焼きの時には煙突は立てないのですが、今回は酸素を沢山供給し、窯の中のものを燃やし尽くしたいので煙突を立てました。
火入れの前には、山の神様、火の神様へ安全祈願・・・・・今年も事故なく、良い炭が焼けますように!!
f0342250_2040296.jpg
f0342250_20423197.jpg 

いよいよ、点火です。
  10時40分
昼食後は徳林寺裏山での上げ木作り。
雪の中での作業となりました。
f0342250_20472711.jpg
  雪が激しくトラック2杯の成果で引上げ、午後2時。あとは桜の森で雑談 (コーヒーブレイク?)
f0342250_2049547.jpg
f0342250_2058311.jpg
f0342250_20542611.jpg
f0342250_205954.jpg2時の煙 ↑ と

←窯の中
f0342250_20594075.jpg焚口に煉瓦を積み
引き揚げ準備


この時の煙道口温度 172℃
炭焼時にこの温度なら
       窯の中は450℃位
しかし、比較にはなりません
窯の中は炎があがり
その熱風が吹きあげているからです。

明日の朝
燃え尽きて火が残っていないことを・・・

 忘れておりました、山に登る坂道が穴ボコだらけのため、四駆軽トラも上るのに苦労しておりました。
 上げ木作りの仕事の前に道普請をしました。 そしたらその効果はテキメンの様子で・・・暴走には
 気をつけて!!!      今日は新人記者Nさんがヨチヨチとデビューしました。

<2015年1月活動状況>
  6日(火) 山開き 妙見口駅発 9時47分 奥田橋方面行バス乗車 黒川より徒歩
        〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇
        〇〇〇 〇☆☆ ☆  雨天決行
 13日(火) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇
 17日(土) 三日会・若者さとやま③ ★★★ ★
        〇〇〇 〇〇〇 △
 20日(火) 三火塾 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇△ △〇〇 〇〇〇 〇〇見
 27日(火) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇△
 31日(土) 火入れ 〇〇〇 〇〇〇 〇〇体 

活動時間 9:30~15:00 参加者20名
 1、炭焼き準備(徳林寺裏山:上げ木作り)
 2、炭の出荷準備
 3、薪の出荷準備

第1回炭焼き用の上げ木作りを、雨天決行しました。
本日、窯前に搬入された上げ木です。
f0342250_18344760.jpg

雨の中 出発! 
f0342250_18402897.jpg
クヌギを残して 上げ木用に雑木を優先的に伐採しました。
f0342250_18514670.jpg
長い枝を通路に持ち出して寸法切り
f0342250_18434872.jpg
f0342250_18435467.jpg
お昼は 久しぶりに外食?
f0342250_18440017.jpg
午後も上げ木作りが続きましたが
f0342250_18583266.jpg
ついに雨が本降り 基地にもどります
f0342250_18441656.jpg
桜の森では 炭切り
f0342250_18442553.jpg
薪割りが続いていました。
f0342250_18443471.jpg
予定していた3,4号線上の 上げ木・立て木の回収は路面不良の為 中止しました。
工具の手入れを終え 温かいコーヒーをいただいて解散です。
f0342250_18444320.jpg
皆さん お疲れさまでした。

活動時間 9:30~15:00 会員24名 見学者1名
 1、第4回三火塾(落葉樹:冬芽の観察会)
 2、第1回目の炭焼き準備(立て木・上げ木)
 3、炭焼き窯の床を更新
 4、基地小屋の煙突掃除 ほか

<第4回三火塾>
 今回は 落葉樹の「冬芽」について教わりました。
f0342250_18330473.jpg
皆さん 冬芽に 。。。。。
f0342250_18331579.jpg
見えますか?
f0342250_18332285.jpg
小枝が 右に左に 引っ張られています。
f0342250_18332920.jpg
ひと足早く 春を感じた 楽しい観察会でした。 Kosa塾長さん ありがとうございました。

作業の部
<3号線沿い:立て木・上げ木作り>
f0342250_18365355.jpg
f0342250_18365841.jpg
f0342250_18370528.jpg
<4号線沿い:立て木・上げ木作り>
f0342250_18393824.jpg
f0342250_18391087.jpg
f0342250_18392959.jpg
4号線頭上の倒木を処理
カシ類の樹の様です。立て木・上げ木にしました。
f0342250_18394678.jpg

<炭焼き窯、床の更新>
 先ず 古い床面を削岩機で 厚さ5cm程ハツリます。
f0342250_18475008.jpg
f0342250_18475982.jpg
窯床更新用の粘土を採取。ベストの粘土見つからず、砂混じりですが、止むを得ません。
f0342250_18483517.jpg
枯葉などの不純物を取り除いて 窯内に搬入
f0342250_18482154.jpg
ひたすら木槌で千本突き(打ち固めます)
f0342250_18490512.jpg
根気のいる作業です。 11時開始、昼食を挟んで、4人で2時間半突き続けました。
f0342250_18491337.jpg
お疲れ様!!! 新らしい窯床が完成しました。
床の削りと、粘土採取の同時進行で午前中10名、午後4名で2時完成の作業量でした。
f0342250_18492135.jpg
参考:前回の窯床更新は 2013.1.22でした

<基地小屋の煙突掃除>
f0342250_18461149.jpg
f0342250_18493409.jpg

皆さん お疲れさまでした。(完)


活動時間 9:30~15:00 参加11名
 1、クヌギ林笹刈り・台場クヌギ伐採(徳林寺裏山)
 2、桜の森基地小屋にて座談会(桜の森)

  体験会も第3回となり、今日は来月の炭焼き体験に備えて、原木のクヌギ伐採体験です。参加は高校生
 2名、先生1名、社会人1名そして野外観察同好会のOGで菊炭友の会々員Mtuさん。スタッフ6名。
 天気予報は昼頃、雨か雪。気温は1桁のまま。気温は気にならないけれど、雨はね~。
  午前中は笹刈。雨を避けて早目の昼食と決めて、13日の活動日に刈り残した場所へ。
f0342250_1823273.jpg
   体験生は刈込鋏で・・
f0342250_1825494.jpg
   果敢に挑戦しています。
f0342250_1831633.jpg
   横一列で、攻め上がっているところを撮らえた写真が送られて来ました。↓
f0342250_21375477.jpg
   この笹刈、炭焼きの為に伐採の後、手入れ(=下草刈り)がされていれば、こうはなりません。
  手入れをしないと、クヌギ伐採時が大変なだけでなくて、枯れるクヌギが出てきます。
  この背の低い台場 ↓ は、笹に背丈を追いつき追い越されて日陰になり枯れる寸前です。
f0342250_1884128.jpg
  これは ↓ Nさんが悪戦苦闘しているのが面白い・・と送られてきた写真です。
  それより、この写真は、山の手入れを怠るとこういうことになるという標本としての価値があります。
  手前の酷いコブだらけのクヌギです。おそらくコウモリガの幼虫にやられたのでしょう。下草刈りが
  されていないと、コウモリガにとっては都合が良いらしいです。この木はお茶炭にはなりません。
f0342250_21433485.jpg
   雲行きが怪しいので早目の昼食にしました。山での作業にも七輪と炭持参です。ちょっぴりだけど、
  味噌汁と、コーヒの温かさが、弁当が冷たくとも惨めさは感じさせません。 何時もはインスタント
  ですが、今日は鍋が有るということは、手作り味噌汁ということです。 ご馳走様でした。
f0342250_18244510.jpg
   天気予報より、少し早めに降り始め、やがて雪が混ざり、味噌汁のありがたみが増しました。
  みぞれが強くなり、引き上げるか迷いましたが、折角のチャンス、台場クヌギの伐採体験を決行。
f0342250_1845363.jpg
f0342250_18463169.jpg
   手鋸で・・だから、簡単ではない。お蔭で気温は下がって来ても、身体はポカポカ。
f0342250_18471530.jpg
  90cmに玉切も   
f0342250_18505451.jpg
   こちらは、顧問の先生。担当は国語だけれど、虫が大好き。虫探しに山に入り・・立ち枯れの木を
  伐ることも有るとか・・・。 カミキリ!が好きだとか!
f0342250_18521423.jpg
  2時前に、桜の森へ引上げ。薪ストーブに火を入れ、コーヒを飲みながら雑談。
  今日、印象に残ったことは?Ara君・・「雪は冷たかった!」「そうだね・・・??」
  「Kneさんは?」「笹を刈ってしまいたかったです」「是非!菊炭友の会に入会して下さい!」
  国語の先生「是非、入会して教えて下さい」と誰かが誘うほど、国語の話でなく・・虫に詳しい。

  番長がボランテイア研修で友達になったYsiさん、本格的に炭焼きを体験したくて、床の更新作業
  から第1回目の全行程に参加したいと・・。でも、入会は他所の会。

  天気予報通り、帰るころ晴れてきました。
  センター試験。E君、H君、実力発揮を祈ります。
活動時間 9:30~15:00 参加15名
 1、第1・2回炭焼き原木(コナラ)準備(5名)
 2、炭焼用クヌギ原木伐採準備(10名)

 今年の炭焼、第1窯と2窯はコナラと決めました。クヌギの炭・菊炭は3窯目からです。1窯目用の原木も未だ揃っていません。5名が桜の森に残り、その調達に当たり、10名がクヌギの伐採準備に徳林寺裏に出張しました。
 コナラは昨年から開始していた4号線付近での作業を継続。引っ張りだこ(ウインチ)で伐採した木を作業道へ引き上げ、運搬車で窯前に運びます。結構、手数のかかる仕事です。1窯分、未完でした。
f0342250_1814111.jpg
f0342250_18131469.jpg
f0342250_1815517.jpg
f0342250_18155741.jpg
f0342250_18161198.jpg
  徳林寺裏のクヌギ林、前回伐採の後、手入れがされなかったようで、笹薮で全体が把握できません。
  お供えの米と塩を用意しながら、小屋に置き忘れ、酒と水と、2礼2拍手1礼の挨拶で作業開始です。
f0342250_18264381.jpg
  私達の炭焼は、毎年この格闘から始まります。
f0342250_1831650.jpg
f0342250_18325239.jpg
  上を向いて、蔓切もあります。
f0342250_1833668.jpg
f0342250_18335017.jpg
  笹刈りが進み、全容が見えてきました。最低3窯分は欲しいと思っていますが、揃いそうです。
f0342250_18341748.jpg
  17日の体験会での下草刈り実習で、笹刈を完了させたいですね。
  そして、クヌギ原木の伐採体験もしてもらいましょう。