人気ブログランキング |
あけましておめでとうございます。
皆さまにおかれましては、良きお正月をお迎えの事と存じます。
ここ黒川桜の森では 黒川自治会役員ご臨席の下「2015山開き会」が執り行われました。

神事に先立ち祭壇の準備です。(アユ焼き・竹かっぽで酒燗も始まっています)
f0342250_216428.jpg
f0342250_19250491.jpg
菊炭友の会代表 活動報告・安全祈願 
f0342250_19251158.jpg
f0342250_19251771.jpg
全員 拝礼!
f0342250_19252496.jpg

懇親会が始まりました。
料理の主役は アユ! 女性陣手作りのお料理! お酒! シカ肉ジャーキー 等など
歓談しながらたっぷりといただきました。
f0342250_19253053.jpg
f0342250_19253650.jpg
f0342250_19254227.jpg
f0342250_19254808.jpg
f0342250_19255391.jpg
f0342250_19264779.jpg
f0342250_19265909.jpg
f0342250_20510840.jpg
f0342250_19272268.jpg
2時過ぎ Ymaさんの一本締めでお開き 
f0342250_19280700.jpg
記念写真です。
f0342250_1752425.jpg
いよいよ来週からは 炭焼き準備が本格化します。
安全第一で楽しく活動したいと思います。
f0342250_16373456.jpg
妙見口駅にて   お疲れさまでした。(完)

活動時間 9:30~15:00 参加20名
 1、動力機のメンテナンス(チェーンソー・発電機・薪割り機・ウインチ・キャタビラ車)
 2、4号線沿いの伐採コナラの玉切り・荷降ろし
 3、炭切り  
 4、薪作り  
 5、ピザ窯床のタイル貼り
 6、迎春準備
 7、クヌギ移植チームの視察受入れ(実生クヌギ、川西市中央地区=キセラ川西に移植)
 8、仕事納め
 9、忘年会(17:30~)

2014年最終の活動は 動力機のメンテナンスで始まりました。
f0342250_09004256.jpg
<コナラの玉切り・荷降ろし>
f0342250_09010595.jpg
f0342250_09012589.jpg
<炭切り> 年内急ぎの納入品です。
f0342250_09020031.jpg
<薪割り> 年明け出荷分を準備しました。
f0342250_09021939.jpg
<タイル貼り> 年内に完成しました。 年明けから窯作りでしょうか?
f0342250_09013957.jpg

<ニュース>
 桜の森の実生クヌギが H29完成予定の川西市中央地区(キセラ川西)に移植されます。
 キセラ川西は せせらぎ遊歩道・中央公園・公共施設を集約した複合施設などで構成されます。
 台場クヌギも移植するそうです。
 小学生と共に大切に育てた実生クヌギが 地区発展の一翼を担います。
f0342250_09023023.jpg
さっそく 移植チームが来訪されました。
f0342250_09023751.jpg
移植のイメージです。
f0342250_09030915.jpg
移植する実生クヌギの選定
f0342250_09025374.jpg
マーキングされました。
f0342250_09030320.jpg

午後からは 迎春準備です。
f0342250_09032086.jpg
f0342250_09033065.jpg
f0342250_09035954.jpg
f0342250_09040610.jpg
f0342250_09041455.jpg
無事に今年の活動が終了しました。
全員感謝をこめて 拝礼 。。。。。
f0342250_09042462.jpg
来る年も 桜の森は優しく迎えてくれます。
f0342250_09043235.jpg
皆さん よい年をお迎えください。
f0342250_09044044.jpg
お疲れさまでした。(完)

  <2014年12月活動状況>
    1日(月) 里山シンポジュウム 49名 (14:00~15:30) 
          〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇
    7日(日) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇
    9日(火) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇
    13日(土) 若者さとやま② ☆☆☆ ☆☆☆
          〇〇〇 〇〇〇
   16日(火) 三火塾  雨天中止 炭切実施
          〇〇〇 〇△
   21日(日) 三日会
          〇〇〇 〇〇〇 〇〇
   23日(火) 山納め( → 夜:忘年会)
          〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇

活動時間 9:30~15:00 参加者8名(うち日曜会員6名)

 1、薪用コナら集結
 2、ピザ窯床コンクリート打設
 3、炭切・発送
 4、炭窯敷石交換
 5、焚火用ドラム缶処理

  今月13日、さとやま整備体験で伐採、玉切したコナラ、時間切れで半数を山に残したままでした。
 それを全て集結しました。斜面には、なお、倒したままの木が残っています。
f0342250_17551214.jpg
f0342250_1756040.jpg
f0342250_17561736.jpg Ymaさん、運搬車の操作も手馴れたものです。
難しい段差も、難なく乗り越えています。





数10kgはある大径材、あちこちに転がっていたのも集め終えました。
f0342250_17564136.jpg
f0342250_17565017.jpg一つは祭壇用に






こちらは、菊炭友の会お抱え工務店。
両巨頭がピザ窯の床のレベルをそろえています。
f0342250_1757989.jpg
   コンクリート打設の仕上げです。
f0342250_17573013.jpg
  この人の頭の中では龍安寺の石庭がイメージされているのでしょうか。
f0342250_17575086.jpg
  炭切は初めてと言うHyak嬢、23日の忘年会では素敵な報告が有るようです。
f0342250_175946100.jpg
f0342250_1811811.jpgこの位づつ、長く採れればいいなと思えるほどの量のナメコと椎茸が採れました。
ナメコはこの通り、椎茸は炭火焼、ポン酢で美味しく頂きました。


懸案の炭窯の敷石の交換、やりました。
消耗品と言われる敷石、自分たちの手で交換出来ないかなと思っていましたが、案ずるより産むが易しでした。
f0342250_182127.jpg
  これだけ大きな石が割れるのは、熱? 
f0342250_1823557.jpg
  全て取り除きました。新しい石は430㎜の正方形、厚さ100mm。
f0342250_1831382.jpg
   ドラム缶の処理についての記事が飛び込んできました。
f0342250_22514327.jpg
   ドラム缶に手彫りで穴をあけました!
  ドラム缶は、分厚くて機械でないとあけられないと言いながら、Medaさんが頑張り、Ymaさんも
  手伝いながら、四角くあけることができました! 空気抜きの横穴は、皆がやったけどあけられ
  なくて、最後にNkamさんがやるとあっという間に3ヶ所あけることができました。皆、道具がなく
  ても、あるもので何とかやるのが男です(^-^)v
f0342250_22553119.jpg

  今日の作業は細々としたものが多かったですが、どれも重要な事ばかり。少人数でやり終えたことで、
 満足感の大きい日になりました。
  今年の活動日、次の23日、1日を残すのみとなりました。午前中で締めくくりの作業を終え、午後は
 新年を迎える準備作業になります。夜は、石橋で忘年会です。
活動時間 9:30~15:40 参加者5名

 雨が降ったり、作業の段取りの都合とかで、炭の注文がこなせず溜まっていました。今日処理しなければ年内出来ないかも・・そこで、朝から雨だから(なのに)ブログの活動予定に雨天中止 炭切実施と表示。
f0342250_1759265.jpgこれで5人集まりました。このあたりが当会の強み?

 Kwatさんと二人で、年内に納めなければならない物だけ切ろう。午前中には終わるだろう。念のために弁当は持って行こう・・・
それが、5人も集まって来ると欲が出て、受注残の全てを片づけてしまおうとなり、結局3時過ぎまでやってしまいました。

←必要な太さの炭を選択しています。
それぞれ分担し、作業を進めて行きます。↓
f0342250_1892253.jpg
  菊炭友の会の三種の神器の一つ、バンドソーを改造した炭切機。
f0342250_18115661.jpg
  これは↓毬打(ギッチョ)。同じものばかりを、まとめて切ります。
f0342250_18121398.jpg
 今日、準備したのは表千家の炉用セット、16組を1箱に詰めます。出来上がった頃には、納品伝票や
宅急便の送付状など準備完。荷造りをし、帰りに宅急便へ持ち込みました。和歌山県、香川県、奈良県・・
今日は遠方ばかり、地元は火鉢用の炭が1軒。
 1日中、雨が降り続いていましたが、身体を動かしていると、寒さは感じなかったですよ。
活動時間 9:30~15:50 体験参加者6名、会員6名
 1、薪用コナら伐採・玉切・集結
 2、薪割(機械割り、斧割り、束ね)

  今年は、川西緑台高校の野外観察同好会が顧問の先生を含め、会で参加してくれています。毎回、参加
 人員に若干変動が生じるとの前提のもとにです。今日は生徒5名、顧問1名。合計6名の参加でした。
 緑高生以外に大学生1名が参加しているのですが、今日は帰省していて欠席です。
  今日は本来の里山の機能【薪炭の生産】のうち、薪の生産を体験しました。と言っても、里山が生きて
 いた50年前の薪の生産方法と今日体験したことでは、出来上がりの束にした薪の姿が同じだけで、木か
 らして、まったく違っています。    まずは、ストレッチです。
f0342250_18154532.jpg
  倒す木は里山を代表するコナラ。種は同じですが大きさが違います。昔は10年、長くても20年で
 輪伐されており、直径も20cm以下だったでしょう。この木は、薪炭の需要減で放置された木。根元
 直径50cm近くあります。年輪は60まで数えられました。カシナガの侵入生存木です。
 昔は鋸で伐っていたでしょう。今はチェンソーです。だから・・みんな見学。
f0342250_18194680.jpg
  内側の導管はナラ菌に侵されて黒くなっていますが、外側が健在。それで生き延びている。
f0342250_18351889.jpg
  薪用に40cmに玉切。重量は何10kg、斜面で搬出が危険極まりない。転がし作戦。
f0342250_18352911.jpg
  体験生の出番は枝の玉切から。やっと、身体が温まります。
f0342250_18444080.jpg
  f0342250_1848242.jpg直径20cm以下の枝などは炭焼用に90cmに玉切
窯の前に集結します。
時間内に運べず、山にかなり残しています。
伐採・玉切・集結作業は午前で終了。
昼食後は薪割作業です。
直径30cm~40cmのものを機械で割ります。↓
昔は、こんなことにはならなかった。
こんなに太るまで放置しなかったのだから・・
f0342250_1849392.jpg
  昔はこれ。↓
  学校から帰ると、これをやらされて、嫌で嫌でしょうがなかったと言う会員、結構いますよ。
f0342250_18493792.jpg
  束ねます。重さを測ると11kg。じゃ!乾燥したのを測ってごらん。
  7kg。そう!これ以下になって、はじめて「薪」と言えます。
f0342250_18501358.jpg
f0342250_18505753.jpg
プログラムの終わりは、おやつ、Mya養蜂場の蜂蜜の味比較。

あっ! これ 味ちがうわ!
花により蜜の味が違うことを知ったのも今日の収穫。